CD_アートボード 1.jpg

開催予定のイベント

受賞_アートボード 1.png

​箏男kotomen 大川義秋

​自分の音楽を、音と自作衣装で表現する。

 箏曲界最高峰の全国コンクールにて第1位&文部科学大臣賞を受賞!NHK Eテレやテレビ朝日など多数メディア出演のほか、SNS動画総再生回数100万回突破など今大注目箏奏者。

 “自分の音楽を表現”を大切にし、日本一位の演奏力を持ちながら、自身の衣装デザイン製作からYoutuberと類のない表現者!

大川義秋_画像
大川義秋_画像

press to zoom
大川義秋_画像4
大川義秋_画像4

press to zoom
大川義秋_画像3
大川義秋_画像3

press to zoom
大川義秋_画像
大川義秋_画像

press to zoom
1/5

箏との出会い

  2011年3月に起った東日本大震災の影響により、福島県双葉町から埼玉県へ避難。同年4月、特例措置で埼玉県立南稜高校に入学。

 震災のことを触れられたくないことから部員の少ない部活を探していたところ、廃部寸前かつ部員0人の部活「邦楽部」にて箏と出会う。

 

 偶然の出逢った「箏」が痛んだ心の傷を癒してくれ、現在は「傷ついた方々の希望の光になりたい。」と思い、全国的に活動しているなか、2017年、2021年は日本で権威のある邦楽箏曲コンクールで最優秀賞全国一位を2度受賞!

 

 2020年、avexよりイケメン和楽器パフォーマンス集団「桜men」としてメジャーデビューのほか、NHK Eテレ「にっぽんの芸能」「おはよう日本」、テレビ朝日「25歳~情熱の起点」等多数のメディア番組に出演。

​これからは「出逢えてよかった」と思ってくれる空間を、現実とオンラインを通して作り届けていきたい。

 

第27回賢順記念全国箏曲コンクール [賢順賞(最優秀賞)]受賞(2020)

第23回くまもと邦楽コンクール [最優秀賞&文部科学大臣賞]受賞(2017)

第14回MBK音楽コンテスト ソロ作曲入賞
東京都公認 ヘブンアーティスト合格及び取得 

「ANOC(Olympic委員会総会)レセプション」ステージ演奏(司会:松岡修造)  等々

 久留米での第27回賢順記念全国箏曲コンクールの審査。実にいろいろな曲と演奏を聴いたが、中でも断トツに佳いと思ったのが大川義秋君の自作の演奏。まさに「自分の音楽」そのもので、実にセンスィティヴな、風格を感じさせる演奏だった。演奏も作曲も独学らしい。豊かな才能の持ち主。今後が楽しみな人だ。歩み続けて欲しい。

 

—  新実徳英 様official web siteより引用

​賢順コンクール最優秀賞
日本1位を
受賞時の
審査員からのコメント

ラインんスタンプ_告知用_アートボード 1-2.jpg
グッズ_アートボード 1.jpg
​全てデザイナー大川義秋オリジナル
​LINE スタンプ好評発売中!
​オンライングッズストアにて好評発売中!